ベンチャー企業のメリット・デメリット

ベンチャー企業のメリット・デメリット

無名だった自分の会社が、広告を出し、取材を受けるようになって、TVCMに展開し…という躍進の最中にいられる事は働く喜びに直結するかもしれません。さらに、規模が卑小ため、社員それぞれの活躍を社長や幹部が比較的身近に見てます。

さらに、自分の力で会社をデッカくしていくやりがいを感じられることもベンチャー企業就職のメリットの一つ。資金と人材が限られているベンチャー企業では、独りの社員がまちまちな役割を担っているケースが多く、「やってみたい」と感じた事を発信すれば、そのままドンドンやらせて貰える土壌があるところが非常に多額ものです。

新規に創設をされた会社の95%が10年以内に倒産をすると言われていますが、そこまで峻烈社会で生き残れる会社をキャリアバイトなどで見つけなければ、ベンチャー企業就職をしてもイキナリの解雇や倒産という事態が起こる可能性も存分にあります。ベンチャー企業就職の難点としては、やっぱり不安定な点が挙げられます。

ベンチャー企業就職の魅力は裁量がとにかく大きく、昇進が尚早ことです。「この人いいな」とおもわれたら、おもいもよらぬ昇格がいきなり行われたり、新卒で社歴が浅いのに役員になったり、という楽しみがあります。

自分が想像をする働き方をそのまま具現化でき、やる気がめきめき出てくるため、一度ベンチャー企業就職のたのしさを知ってしまうとベンチャーから抜けられないという方もわんさほどです。